個性的な兜をかぶった武将は誰?兎の兜は人気だった?!

暇つぶし

戦国時代や江戸時代を生きた武将たちの兜には、実用的な物より装飾にこだわり、思想の主張や縁起などを考えて作られた「変わり兜」があります。

その変わり兜の中でも特に人気だったのが、兎をイメージした兜です。

兎は俊敏に動くイメージがあったのと、兎と月は結びつきが深いとされていたので、月に勝利を祈願する意味もあったとされています。

今回は兎やサザエ、トンボなどのちょっと個性的で面白い兜を紹介します。

なぜ個性的な「変わり兜」をかぶるのか、変わり兜に込められた意味も調査しました。

サザエなど海産兜をかぶった武将まで?!変わり兜の意味は?

「変わり兜」の中でも人気が高かった兎兜ですが、兎の耳をモチーフにした兜や兎をそのまま使った兜などデザインは様々です。

兎の兜は向兎形兜(こうとなりかぶと)や、兎耳形兜(うさぎみみなりかぶと)と呼びます。

大河ドラマ「麒麟がくる」で間宮正太郎さん演じる明智 左馬助(あけち さまのすけ)もかぶっていました。

明智左馬助はいとこの明智光秀に仕えていて、最期まで光秀への忠誠心を持っていたとされています。

戦国武将たちの間で「妙見信仰」が広がっていて、星や月に武運を祈願する武将が大勢いました。

伊達政宗や上杉謙信の兜も、月がモチーフになっていますよね。

ホタテやサザエなどの海産物をモチーフにした変わり兜もたくさんあります。

殻が硬いサザエをモチーフにした兜を敵が見た時に、鎧の強度が高くて守りが強そうだと思わせる意味があったと考えられています。

「麒麟がくる」でユースケ・サンタマリアさん演じる朝倉義景(あさくら よしかげ)も、サザエの兜をかぶっていました。

サザエの兜は栄螺形兜(さざえなりかぶと)と呼ばれ、「栄(える)」という文字が入っていたので武将たちに人気がありました。

サザエ以外の海産物系「変わり兜」をかぶっていた武将を紹介しますね。

兜全体が縁起を担ぐ物の形になっているものや、兜の正面に飾りとして付ける(前立て)タイプがあります。

伊勢海老兜を武将が選ぶ理由

甲殻類である伊勢海老の姿形が鎧をまとっているように見え、鎧を着ている武将を連想させたと言われています。

海老の形をした兜のことを、海老形兜(えびなりかぶと)と呼びます。

蟹の兜を武将が選ぶ理由

蟹は子孫繁栄のイメージが強く、脱皮を繰り返して成長していくところがめでたいとされて武将に人気があったそうです。

また蟹は横歩きしかせず後退することはないので、敵を挟み取れるという意味もあったようです。

蟹の形をイメージして造られた兜のことを、蟹形兜(かになりかぶと)と呼びます。

「変わり兜」の意味&かぶっていた武将は誰?

戦国時代は自分の活躍をアピールするため、他とは違う目立つ兜をかぶる武将も多かったとされています。

戦国武将たちは1人1つしか兜を持っているわけではなく、色んな兜を持っていたようです。

トンボやムカデなどの昆虫系の変わり兜も、武将たちに人気がありました。

兎以外の動物をモチーフにした兜をかぶっていた武将や、自分の思いを漢字一字に込めて、兜の正面に大きく装飾した武将もいます。

どんな武将がどんな思いを込めて、変わり兜をかぶっていたのか調べたので紹介しますね。

ムカデの兜を武将が選ぶ理由

伊達政宗に仕えていた伊達成実(だて なりざね)の兜は、ムカデをモチーフに作られたものです。

前にしか進まず凶暴で攻撃性も高いイメージがあるムカデの兜には、絶対後ろに下がらず戦って勝つ!という戦に対する強い思いも込められています。

トンボの兜を武将が選ぶ理由

後ろに下がることはなく前にしか飛ばないトンボは、「勝虫」として勝利を呼ぶ縁起の良い虫だと言われていました。

前田利家織田信長が持っている兜の中にも、トンボをモチーフにした前立てが付いているものがあります。

「麒麟がくる」で稲葉良通(いなば よしみち)も、トンボがついた兜をかぶっていました。

トンボをイメージして造られた兜のことを、蜻蛉形兜(とんぼなりかぶと)と呼びます。

ミミズク兜を武将が選ぶ理由

徳川家康の祖父のいとこである松平信一(まつだいら のぶかず)がかぶっていたのは、木莬形兜(みみずくなりかぶと)です。

松平信一は「桶狭間の戦い」「姉川の戦い」「小牧・長久手の戦い」で大活躍するほど強く、織田信長や徳川家康からたくさんの褒賞をもらっています。

まるで猫のような耳の形をした木莬形兜は、徳川家康からいただいたものです。

猿の兜を武将が選ぶ理由

素早く動いて頭の良い猿の顔をそのまま兜にしてかぶっていたのは、豊臣秀吉の家来である仙石久秀(せんごく ひでひさ)に仕えていた谷津主水(やつ もんど)です。

戦場での災いが『去る』と『猿』をかけた、魔よけの意味もあったと言われています。

通常の兜は3kg~5kgとかなり重さがあったのですが、猿面形兜(さるめんなりかぶと)は1.2kgと軽く作られていました。

兜をかぶると顔が隠れるので、敵からすると誰と戦っているのか分からない怖さもあったようです。

鳥毛の兜を武将が選ぶ理由

鳥の毛を使った鳥毛付頭形兜(とりげつきずなりかぶと)をかぶっていたのは、徳川家康に仕えていた板倉勝重(いたくら かつしげ)です。

板倉勝重は戦場ではなく、政治や経済など内側で力を発揮した優秀な武将です。

『愛』兜を武将が選ぶ理由

正面に大きな「愛」が付いた兜をかぶっていたのは、上杉謙信の養子である上杉景勝(うえすぎ かげかつ)に仕えていた直江兼続(なおえ かねつぐ)です。

上杉謙信に教えられていた「民を大切に」という心を忘れないために、兜の前立てに『愛』を付けて戦ったとされています。

『也』兜を武将が選ぶ理由

直江兼続の『愛』兜以外にも、漢字一字を使った兜をかぶっていた武将がいます。

正面に大きな『也』の字が付いた兜をかぶっていたのは、伊達政宗の父である伊達輝宗(だて てるむね)の代から伊達家に仕えていた白石宗実(しろいし むねざね)です。

「我こそは白石若狭宗実『也』」という意味を表しているそうです。

error: Content is protected !!