子供の日!人気戦国武将の兜はどれ?名言&意味を解説!

子育て

2021年5月5日(水/祝)端午の節句・子供の日に飾る兜には、「災厄から逃れて元気に成長してほしい」という願いが込められています。

好きな戦国武将の兜を、息子さんやお孫さんに購入する人も多いですよね。

今回は、人気戦国武将の名言と意味を徹底調査しました。

戦国武将の名言&意味!人気の兜ランキング2021

戦国武将は大変な時代を生きてきた人たちなので、「強くて丈夫な男の子になってほしい」というお父さんお母さんの気持ちにピッタリですよね。

「この戦国武将のように育ってほしい」という願いをこめて、兜を購入する人も多いようです。

子供の日に飾る戦国武将の兜は、大切なお子さんの身を守ってくれるお守りの役目もあります。

お父さんやお母さんと同じ出身地の戦国武将の兜を選ぶ人もいるようです。

今回は戦国武将の出身地や名言とその意味、人気の戦国武将たちはどんな魅力があるのかを調査しました。

戦国武将人気ランキングで、上位に入る戦国武将と鎧兜も紹介しますね。

上杉謙信(1530年~1578年)

上杉謙信の出身地「越後国(えちごのくに)」は、現在の佐渡島を除く新潟県とされています。

武田信玄とライバルだったのですが、信玄が亡くなって衰退した武田家に攻め入ろうとはしなかったことで有名です。

自分が偉くなるための戦いはせず、人助けの為の戦をしていたので、敵からも信頼されていたと言われています。

「敵に塩を送る」ということわざがありますが、これは塩不足で困っていた武田信玄に上杉謙信が塩を送ってあげたことが由来です。

上杉謙信が「戦いと関係のないところでは、たとえライバルであっても困っていれば助ける」という気持ちで行ったことが、「敵が困っている時に助けてあげると味方になってくれることもある」という意味のことわざになりました。

上杉謙信の名言

『心に物なき時は心広く体泰なり』

悩み過ぎず迷い過ぎないようにすれば、心身ともに穏やかでいられる。という意味がこめられています。

伊達政宗(1567年~1636年)

伊達政宗の出身地は、現在の山形県です。

病気で片目の視力を失ってしまっても、初代藩主として東北の繁栄を築いた武将です。

片目に黒い眼帯をして服装や振る舞いも男らしくてカッコよかったので、モテる男性の事を「伊達男(だておとこ)」と呼ぶようになりました。

伊達政宗の名言

『大事の義は、人に談合せず、一心に究めたるがよし』

重大な選択を迫られたとき誰かに相談したり情報を調べることは大切だが、最終的には自分で判断すべきという意味の言葉です。

他人の意見に流されて決断すると、失敗したときに必ず後悔するという意味が込められています。

徳川家康(1543年~1616年)

徳川家康の出身地は、愛知県岡崎市です。

自身の失敗だけでなく、豊臣秀吉の失敗・味方の裏切りなどから学ぶ学習能力と柔軟性の高さが人気です。

徳川家康の名言

『最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える』

自分さえ良ければいいという考えではなく、どうすれば他人を喜ばせることができるかを考えて行動すると、最終的に自分のためになっているという意味が込められています。

武田信玄(1521年~1573年)

武田信玄の出身地「甲斐国(かいのくに)」は、現在の山梨県です。

武田信玄は身分や上下関係なく意見をしっかり聞き、活躍すればボーナスをあげるなどチーム全体のモチベーションを高めていました。

戦国武将で上司にしたい「理想の上司ランキング第1位」に選ばれたこともあります。

武田信玄の名言

『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり』

相手を心配して気にかけていれば相手の心に届いて味方になってくれるが、相手に恨みを持っていると敵になってしまう。という意味が込められています。

織田信長(1534年~1582年)

織田信長の出身地「尾張国(おわりのくに)」は、現在の愛知県です。

織田信長はカリスマ的リーダーシップ・行動力・潔さ・破天荒さが魅力の、知名度と人気がある戦国武将です。

25,000の兵を率いる今川義元に対し、たった2,000の軍勢で戦い勝ち抜いた「桶狭間の戦い」も有名ですよね。

織田信長の名言

『絶対は絶対にない』

「無理だと思うことでも突破口が必ずあるはず!」という意味と、「最後まで油断するな!」という2つの意味が込められています。

『臆病者の目には、常に敵が大軍に見える』

例えリスクがあったとしても、弱気にならずしっかりと戦略を練ってチャレンジしないといつまでも勝つことはできない。という意味が込められています。

『必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ』

自分のやりたいことを必死にやれば、自分の生きる意味をつくることができるという意味が込められています。

真田幸村(1567年~1615年)

真田幸村の出身地「信濃国(しなののくに)」は、現在の長野県です。

ほぼ負けが確定していた「大坂の陣」に、豊臣秀吉への恩を返すため参戦した勇敢な姿が人気の1つです。

真田幸村は勇敢なだけでなく頭も良かったので、豊臣家が集めた武将の中でも最も頼りにされていたと言われています。

真田幸村の名言

『夢を掴んだ奴より、夢を追っている奴の方が、時に力を発揮する』

夢を叶えると気がゆるんでしまう時があるが、夢を追って努力し続けていれば、その努力がいつかすごい力を発揮する。という意味が込められています。

豊臣秀吉(1537年~1598年)

豊臣秀吉の出身地は、現在の愛知県名古屋市です。

「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」タイプの豊臣秀吉の魅力は、頭脳を使って工夫をこらし勝利するところです。

真夏の太陽が照らすなか重傷を負って動けない部下のために、見物していた村人から大量の笠を買い取って部下にかぶせてあげたというのも有名です。

上司だけでなく部下にも広くて温かい心で接していたので、いい意味で「人たらし」とも呼ばれていました。

豊臣秀吉の名言

『一歩一歩、着実に積み重ねていけば、予想以上の結果が得られるだろう』

大きな事を成功させるためには、目の前の事を1つ1つ丁寧に行うことが大切。という意味が込められています。

『戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである』

戦わずに逃げるのではなく、戦わずに勝つという意味の言葉です。

敵城の周りに堤防を造って水を流し、城を水没させて勝つ「水攻め」のように『戦うべき時は戦うが、被害を最小限に抑えて相手をギブアップさせる戦術もある』という意味が込められています。

前田利家(1538年~1599年)

前田利家の出身地「尾張の荒子」は、現在の愛知県名古屋市です。

大柄・堅実・愛妻家でも有名な前田利家は一騎打ちに優れていると評判で、織田信長にも信頼されていました。

「姉川の戦い」で敵から攻撃され総崩れになった時、利家が1人で敵を食い止め反撃のきっかけを作ったとも言われています。

前田利家の名言

『戦場に出でては、我が思うようにして、人の言うことを聞き入れぬが良し』

一度腹を決めたら他人の意見に左右されず、自分を信じて行動しろ。という意味が込められています。

石田三成(1560年~1600年)

石田三成の出身地「近江国(おうみのくに)」は、現在の滋賀県長浜市です。

石田三成は真面目で忠義を重んじるまっすぐな性格が魅力的なのですが、真面目過ぎて勘違いされやすかったそうです。

三成が心が温かく優しい人だということは、豊臣秀吉主催の茶会での話からも分かります。

らい病(ハンセン病)だった大谷吉継がお茶を飲もうとした時、大谷吉継の顔から落ちた膿が茶に入ってしまい、他の参加者たちはみんな飲むフリだけをしたのに対し、石田三成だけはためらわずにお茶を飲み干したそうです。

石田三成の名言

『あなたに挑戦したことを後悔していない』

徳川家康に処刑される前に言ったセリフです。これから処刑されると分かっていても最後まで毅然とした態度だったのが人気の1つです。

石田三成は処刑場に連れて行かれる途中「のどが渇いたから水を飲みたい」と警備に言ったのですが、警備は水を用意できなかったので持っていた柿を渡します。

でも三成は「柿は喉に悪いからいらぬ」と言って断り、警備に「処刑目前なのに、毒を怖がるとは」と笑われます。その時に三成が言ったセリフがこちら。

『私のように大義を抱くものは、最期の瞬間まで命を大切にするものだ。それは、何とかして願いをかなえたいという強い思いがあるからだ。』

三成が処刑される直前まで目的を達成することを諦めていなかったということが分かる、有名な場面です。

今川義元(1519年~1560年)

あまり良いイメージのない今川義元ですが、戦国武将に詳しい人には人気があるようです。

今川義元の出身地「駿河国(するがのくに)」は、現在の静岡県静岡市です。

経営能力・軍事力・外交力・武力に優れていた今川義元は「東海道で一番優れた武士」とも言われていました。

竹千代(後の徳川家康)を人質に取った今川義元は「竹千代にむごい教育をしろ」と家来に命じますが、義元の言う「むごい教育」とは「贅沢をさせ好きな時に好きな事をさせてあげる」ことだったのです。

粗末な食事を与えたり休みなく武力を教え込むより、好きなことだけする生活の方が人間はダメになると今川義元は分かっていたとされています。

今川義元の名言

『昨日なし明日またしらぬ 人はただ今日のうちこそ命なりけれ』

昨日のことはもうどうしようもないし、明日のことは何も分からない。人は今日一日が全てである。という意味が込められています。

error: Content is protected !!